FIKAFABRIKEN

2015.03.31

【Våffeldagen】みんな大好き、ワッフルの日!

Hej hej!
スウェーデンには、毎年3月25日に「Våffeldagen」と呼ばれる、ワッフルを食べる日があります!!!
少し過ぎてしまいましたが、面白い習慣なのでご紹介したいと思います。

Våffeldagenの歴史とは?

 

Leonardo_da_Vinci_052
http://varfrudagen.blogspot.jp/2012/03/vafflans-historia.html

 

なぜ3月25日なんだろう?と思いますよね。
この日に指定された背景には、キリスト教が影響しています。イエスキリストが生まれたのは12月25日というのは有名ですよね。
それから9ヶ月遡ったのが3月25日、つまりマリア様に赤ん坊の命が宿った日というわけです。
そのお祝いの意味を込めて、1953年までは祝日だったようです。

 
 

Våffel(ワッフル)の食べ方とは?

vaffle

 

 

スウェーデン人なら一家に一台は当たり前!なワッフルメーカーは、薄くてカリッとしたワッフルが焼けます。
たっぷりのホイップクリームとベリージャムを添えていただきます。
軽い食感で、生地には砂糖をあまり加えないのでいくらでも食べられてしまう危険なお菓子です・・・。

våffel
 
こんな風にお食事として食べるのもいいですね〜!パンの代わりになりそうです。
スーパーには牛乳や水を加えるだけで簡単にワッフルの生地ができるミックス粉も販売されていますよ。
この日だけではなく、ブランチやおやつにワッフルは大人気なお菓子です〜!
スウェーデンのホテルでは、朝食にワッフルが食べられるところもあるので、ぜひぜひ探してみてくださいね★