FIKAFABRIKEN

2016.10.11

【森の映画祭】スタッフのみなさんへケータリング

山梨県の小淵沢で行われるこのイベントスタッフの方向けのケータリングをしてきました。

野外フェスの新しいメインストリームと呼ばれた野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭」

当日に向けて準備を頑張っているスタッフに、温かいご飯をつくってほしい・・・!とご依頼いただき、朝昼晩の3食を作りにいきました。約50人前と伺っていたのですが、今までこんな大人数分のご飯を用意したことはないし・・・、知り合いがあまりいないので、どうしようと最初は不安でいっぱいだったのですが、とても楽しい1日となりました。

小淵沢に着いたのは夜12時前。星がとても近くてきれいで、ため息が出そう。見上げた瞬間に流れ星をみつけました!
朝食は7時スタートとのことだったので、朝4時起きでした!まだ暗かったのですが、その分星もゆっくり見ることができましたよ。

朝はきのこ雑炊です。お米が思ったよりふくらんでボリュームたっぷりになりました。
(作ることに必死で、写真はあまりうまく撮れませんでした・・・あとでみんなにもらいます)

fikafabriken

調理室で立ちながら食べていたのですが、フーフーって言いながら食べる姿が可愛いなって思いました。
終わると昼食作りに取り掛かります!
午前中からたくさん動くと聞いていたので、食べやすい丼もの、そして疲れに効くかなと思ってピリ辛のビビンパにしましたよ。

fikafabriken

天気が良かったので、外の縁側で食べることに。
ふと気付いたのですが、こんな大人数でご飯を食べる機会って減っているなあと。みんなで食べるご飯ってさらにおいしくなるんだなと気付かされた昼食でした。空気の美味しさも加わっていいランチタイムだったな〜!

fikafabriken

それから夕食までは時間があったのでクッキーを焼くことにしました。オーブンシートもないので、天板に少し油をしいて焼いてみたり悪戦苦闘。慣れないキッチン相手にあれやこれや考えるのは楽しいですね。
出来上がったクッキーを持って森の中を散歩して、見つけた人に配りましたよ:)疲れた体は甘い物を欲するようで、取り合うように召し上がってました笑

夜はチキンシチューとサンドイッチを用意したけれどわたしは先に電車で帰らなくてはならず、さよならです。
たった1日しか一緒にいなかったのですが、離れるのがなんだか寂しくて、みんなともっといたいよーって思っていました。本当におもしろくて優しい人ばかりで、東京に帰ってからも仲良くしていけたらいいな。

食べること、作ることの楽しさと大事さ、本当の意味がわかったような時間でした。やっぱりわたしは作ることが好きで、それで人々を幸せにしていきたいと思うのです。「おいしいね」の一言がこんなにも嬉しいなんて、いままで実感していなかったと気付かされました。おいしいね、ありがとう。の気持ちを大切にしたいと改めて考え直す経験となりました。

機会を与えてくれたお友達、ありがとうございました:)!