FIKAFABRIKEN

2016.01.16

fettisdagen!Semlaの季節がやってきました

1月半ばを過ぎると、「ああ、ついにこの季節がやってきた!」と楽しみになります。
その理由はそう、Semla(セムラ)!!!

semlorカルダモンを練り混んだパンをカットして、下の部分をくり抜きます。そこにアーモンドペーストとクリームをたっぷり絞ってある、小さくてもボリューム満点のお菓子です。
もともとキリスト教の国ではイースター前の四旬節に肉や卵、乳製品の断食を行っていました。人々は四旬節の始まる前の火曜日に、ここぞとばかり、栄養価の高い動物性の食べ物、脂肪分を食べ収めたそうです。
セムラを食べ始める日はfettisdagen(フェッティスダーゲン)と呼ばれており、直訳すると「太る日」です。

時代は流れ断食の文化はなくなり、カフェやベーカリーでセムラが並ぶようになりました。
どこが一番おいしいセムラか?という格付けもされていて、毎年新聞にも載っているんですよ!

DSC_0629-50
1位の常連は、ストックホルム中心駅にある老舗『vete katten』
Semlaはもちろん、ここの商品はなんでもおいしいです。2月もちょうどこのタイミングでストックホルムへ行くので食べるのがたのしみ:)

日本ではなかなか食べられないのが残念ですが、スウェーデンへ行く際はぜひチェックしてみてくださいね!