FIKAFABRIKEN

2016.12.27

ヒカリエ出店を終えて

fikafabriken

12月8日〜25日までのヒカリエ出店、無事終了致しました。
約3週間の出店は終わってみればあっという間でしたが、考え直すとやはり長くて色々あった3週間でした。
今後に生かすために、自分なりに思ったことをまとめてみようと思います。

まずは今回勉強になったことを。

今まで青山ファーマーズマーケットやイベントでお菓子を販売していましたが、百貨店のような「ちゃんとした」ところに出店すること自体が初めてだったのでわからないことばかりでした。
運営者が友人だったり、知り合いだったこれまでとは違って1から関係を築いていくこと。一人ではお店が回せないので人を雇うこと。この2点が自分にとってはハードルが高かったです。
こんな私でも経営者なので、その視点から思うこと。反対にアルバイトの視点から思うこと。その2つがわかるのでどっちの立場でいるのがいいのか自信があまり強く持てずにいました。
でも最後にはお客様に満足してもらうのが一番だな、ということが周りの店舗の方々を見て学ぶことができたような気がします。

次に楽しかったこと、嬉しかったことを。

単純に、「渋谷ヒカリエ」という憧れの場所に出店できたことがなにより嬉しかったです。
友人や先輩、仕事仲間の方々がお店に来てくれて、「頑張ってね」と励ましの言葉をいつもかけてもらって、それだけで十分毎日元気をもらっていました。本当にありがとうございます!!!!!この感謝に関しては書いても書ききれないです。
お菓子を気に入ってくれて何回か来店していただいたお客様が出来たことも嬉しいです。お店はないの?とか、また出店たのしみにしてるからね!と声をかけてくださった方々、話しているうちに泣きそうになってしまいました。
そして周りの有名店の方々と仲良くなれたこともとっても嬉しかったです。毎日お店にいたので、「疲れてない?大丈夫?」とか、「今日もおつかれさま!」と声を掛け合ったり、そういうちょっとしたやり取りが大好きでした。
最終日には明日からいないと思うと寂しい、と声をかけていただいて泣きそうでした。つくづく私は周りの人に恵まれているようです。

fikafabriken

たくさんの支えがあったからこそ、できた経験。この経験を自分にとってとても大事で、少しは成長できたのではないかなと思います。
終わった後お気に入りのお店に行くと、そこでもスタッフの方々に労いの言葉をいただいて嬉しかったな。

明日からまた仕事ですが、ゆっくり休んだことだしまた頑張ります!
tack så mycket :)