FIKAFABRIKEN

2016.08.24

Trip to FINLANDにお菓子のお届け

triptofinland3

【忙しい日常を離れ、まるでフィンランドにいるかのような穏やかなひとときを過ごしませんか?】をテーマに、友人がイベントを行いました。
その名も”Trip to FINLAND”
フィンランドへ単なる観光旅行ではなく、10日間のホームステイ滞在をして感じたフィンランドの報告会です。
わたしはイベントのお菓子を担当させてもらいました。

▽こちらがイベント告知文▽
教育大国、福祉国家として名高く、常に幸福度ランキングで上位にランクインしているフィンランド。
「でも現地の人って本当に幸せなの?」という疑問とともに、今回私自身が現地で一週間ホームステイをしてきました。

現地の人と暮らす中で感じたフィンランドの魅力や、暮らしのヒント、日本との違いについて、写真とともにお話しさせていただきます。
堅苦しい講演会のような形式ではなく、肩の力が抜けるようなアットホームな雰囲気で開催したいと思いますので、皆様お気軽にご参加くださいませ。

楽しかったな、また行きたいな、で終わらせないのが温子さんの素敵なところ。
せっかく自分が経験したんだから、それをシェアしてみんなにもっと北欧のよさを知ってほしい・元気を与えたいという気持ちがとっても伝わってきたイベントでした。

フィンランドのホスホファミリーと過ごしたゆったりした毎日
おいしい手作りの朝食
摘んだばかりのベリーで作ったパイでフィーカ
聞いているだけで情景が思い出せて、ほっこりする時間でした。あっという間でもっと温子さんのお話を聞いていたかったです。

triptofinland

triptofinland

そして集まった方々も面白い方ばかりで、イベントが終わる頃にはみんな仲良くなっていました。
わたしが作ったお菓子もおいしいって言ってくれて嬉しかったです。今日はブルーベリーのタルトとフィンランド語を描いたアイシングクッキーを用意しました。
フィーカはやはり、人とのコミュニケーションを生み出すきっかけになる時間だなと思いました。
みんな笑顔で、ゆったりした休日を過ごせたのではないでしょうか?

これから自分で北欧ツアーも開いてみたい!という温子さん。とっても応援しています!また一緒にイベントができたらいいな。
おつかれさまでした。